I’ll be Beck! あれから1年!

12月10日。
ベックが我が家に来た日。
1年が経った。
早いもんだ。
そして、この日がベックの誕生日。
愛護センターでは、「4歳くらい」とのことだったそうだが
ドクターGは「そんなに歳とってないな~。いってたとしても3歳くらいだろ」
ということで3歳ということにした。なんて都合の良い。
なので、今年で4歳。
本当の年齢は?か……わからなくてもいいだろ。

まずは、無事(かな……)1年間を送り
1歳の誕生日、おめでとう! ベック!

FullSizeRender.jpg


ベックがいつ生まれたのか、どこで生まれたのか、わかるすべもない。
かろうじてわかるとしたら
昨年までは猟犬として働いていたこと。
そして、捨てられたのか。
それとも、山の中で迷ったのか。
放浪生活が始まって、七戸あたりで保護されたことくらいかな。
とにもかくにも、そんなこんなで我が家に来た。

IMG_3188.jpg
IMG_1179.jpg

去年の12月10日ベックの新しい生活が始まった。
もちろん、ラン丸とオヤジにとっても新しい生活が始まった。
何もわからないで我が家に来たベックにとっては大変な生活だったんだろうな。

IMG_1297.jpg

我が家に来たベックはセター本来の野性味あふれる姿、猟犬らしい姿を披露してくれた。

鳥がいるとわかると制御不能に陥り
リードが外れて、追いかけてしばらく帰ってこなくなることもあった
キジのひな鳥をつかまえて食っちまいそうになるわ
散歩していると他のワンコには容赦なく吠えまくったし
気にくわないワンコには咬みかかろうともしたし、お詫びにも出向いた
そしてついに他のワンコがベック向かってきて、反撃しようとしたらオヤジの足に歯があたってしまって
オヤジのお手製の革のリードを食っちまうし
他のリードも金具が悲鳴をあげて何個も壊れた
もう、散歩するオヤジの両肩はズタズタのボロボロ(つД`)ノ

15122008.jpg


しつけがほとんど入っていないし
オヤジとの関係は全く成り立たいない
こんな生活ばかりしてはいられない

ベックもオヤジも、もちろんラン丸も新しい生活を強いられた
ある程度、もう少し、なんとかより良い関係をつくらないとやっていけない
そこで、少しずつ訓練や約束事を教えていった

15122003.jpg

ベックの生活は180度変わっていく

「座れ」とか「待て」とか、オヤジにわけのわからんことを言われ
1ヶ月後、いきなり手術をさせられ(去勢手術)
ご飯が少しは良くなっただろうか。がらがらだった体が少しずつ太っていって
散歩で横について歩くことを強要されたり(せいぜい1分くらい)
ハードルを跳べ!トンネルをくぐれ!と言われ
福祉施設へ行って子ども達と遊び

15122004.jpg

オヤジがいないときは、てくてくへお泊まりに行ったり
なにやら運動会に行って、走ったり、コスプレさせられたり

15122010.jpg

まだガンガン吠える癖は直っていないけど、ワンともがどんどん増えて

15122001.jpg

いろんなことをやらされながら、あっという間に一年経っていった

ラン丸にとっても、この老いぼれオヤジにとっても真剣勝負!やれやれ大変な生活
しかし、そんな中にも新鮮さを感じる生活だった

一年経った今、ベックは……
オヤジの顔色をうかがうことも覚えてきた。ある時、オヤジのベッドにオシッコをたれてオヤジの逆鱗に触れると……台所の隅っこに逃げて、オヤジの怒りがおさまるのをそっと待つ。そんなしおらしさを見せてくれるようになった。オヤジが優先順位一番で恐ろしい存在だということがわかったようだ
ベックを迎えるに当たって、心配していたラン丸との相性。しかし、心配をよそに兄ラン丸とベックはうちに迎えたその日から本当に仲の良い日々を送っている。なんとうれしい。しつけやアジリティは兄ラン丸を手本に覚えてきた

15122007.jpg

来た頃は14㎏のアバラガリガリの身体は18㎏。だいぶふっくら感を帯びてきた
いやいや、体だけでなくいろんな力や気持ちが成長してきた
そして、やんちゃで寂しがり屋で荒くれベックといろんなことがあった1年だったけど
ベックが我が家に来て本当に良かったと思っている
そして、年寄りのラン丸もオヤジも、ベックと一緒に成長していこかな

15122011.jpg

また、たくさんの方々のお力添えをいただいた
毎日のように利用させていただいた「ドッグパーク折場沢」のアメリパパさん
セターのことにくわしいてくてくママさん
セター仲間のセンター長のアッちゃん、小佐井さん
Fさん、Aさん、ソルパパ
そして、ここには載せきれない多くの多くのワンとも

15122002.jpg

そんなみなさんに支えられてどうにか1年を過ごすことができたことに深く感謝申し上げます
ベック、ラン丸、オヤジ、これからもいろいろとご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いします

IMG_8152.jpg

さて、ベックとラン丸とオヤジの膝栗毛
これから何処へ行くものやら

DVC00219_201512201340075d3.jpg



スポンサーサイト

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

1歳のお誕生日

ベックさん1歳のお誕生日おめでとうございます(*´∀`*)!


うちの一番若いニャンコも年齢不詳ですが、拾って来た日を誕生日にしてわいわいしております(苦笑)

ラン丸さんやベックさんが心配で御守りをGETしたにも関わらず、こちらのブログで噛み付きがあったと知った時はわたしの想いが足りないからかと泣いてましたが、なんだかんだで今の「働かなくていい生活」に馴染んだベックさんをの報告を聞けて安心致しました*

ベックさんには猟犬として働いた記憶はどんどん忘れて、楽しい、幸せな記憶で埋めていってほしいです(*´`*)
ラン丸さんは流石お兄さん!
もりさんがいらっしゃっらないところで意志疎通で会話をしているのかもですね。


ベックさん1年が経過したお誕生日おめでとう。
もうお仕事のことは忘れていいんだよ。
お仕事しなくても、今のご主人様は怒ったりしないよ。
むしろお仕事を忘れて遊んでくれたらご主人様は嬉しいと思うよ?

ベックさんのこれからがもっともっと幸せになりますように♪

Re: 1歳のお誕生日

ゆきさん!ありがとう!

早いよね~一年。
あのガラガラベックがちょいとふくよかベックになったよ。
ウチの生活にもだいぶ馴染んできたかな。

ただ、どうなんだろう。ウチに来て三食……いや二食昼寝付きの生活……
ベックにとっては良かったのかと自問自答することしばし

ひょっとして、鳥を追ってどこまでもどこまでも走っている生活も良かったんじゃないかな
と、思うこともよくあります

ま、そうなるとまた捨てられるか、迷うか、そして保護される可能性は大なわけで
猟犬にとっては難しい生活ですよね

だから、ベックのオヤジとしてはできることを少しでもしてやろうとするだけです

ベックが、そしてラン丸が元気に過ごせているのもお守りの御利益だよ
ありがとう!

いつもあたたかなコメントありがとう!

しあわせ

ベックさんのしあわせは、人間の言葉を話してくれないから、わからないですよね。

もしかしたら鳥を追い掛けていた方が楽しい、と感じているかもしれません。
しかし、それは『猟犬』として生きている中でベックさんが見付けた楽しさ、ではないでしょうか。
猟犬としてのしあわせ→鳥を追い掛けて、走り回る

今は、もりさんと一緒に過ごしています。
もりさんと一緒に過ごしている普通の犬としてのしあわせ→ ???

そう考えてみてはいかがでしょう?
鳥を追い掛けてのしあわせはあくまでも『猟犬として』のしあわせ。
今、ベックさんがご飯を食べて、他のお友達と遊んで、尻尾を振っているのなら、それはもりさんと一緒に過ごしている『普通の犬』としてのしあわせを、感じているのではないでしょうか。

また、猟犬としてのしあわせは、いつの日にか施設に入れられ……が避けられなかった。
しかも、猟犬としてのしあわせは保護された時点で終わりを迎えようとしていました。

しかし、そこでもりさんが現れた。ベックさんのしあわせが終わりを迎えようとしていたところに、もりさんが新たに『しあわせ』を運んで、与えてくださった。

ベックさんは猟犬としてのしあわせも体験して、今は普通の犬としてのしあわせを体験してる途中。

そう考えたら、ベックさんはもりさんと一緒になることが出来て、嬉しいのではないでしょうか。


しあわせかどうかは、尻尾で判断です!

ベックさんにこれからもたくさんのしあわせが訪れますように。
プロフィール

bassvader

Author:bassvader

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR