スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラン丸がいく 前編


これは病院へ向かう車で撮ったラン丸生前最後の写真となった。
体調の悪さを感じさせられない生き生きとした瞳が、見る度に何かを訴えてくる写真だ。
15時30分。

IMG_0141.jpg

このあと
2016年4月8日 金曜日 16時16分 ラン丸は逝った。

「病院の裏口へお願いします。」と声をかけられる。
裏口には、白い小箱に入れられたラン丸が待っていた。

「お世話になりました。(院長)先生にはよろしくお伝えください。」
小箱を車に乗せて、すぐにラン丸を抱いた。
家ではベックが待っている。
しかし
ベックには悪いが、ラン丸と2人で最後のドライブに行くことにした。
まだあたたかくて、やわらかい感覚が伝わってくる。そんなラン丸を抱いて想い出の場所を回って帰ることにした。
「がんばったな、ラン丸。さ、行くべ。」

IMG_0154.jpg

車を走らせると雨が降ってきた。
まずい。ドライブに行っても、車から降りられないな。
最初の目的地、海辺の公園に着く。あのシャーク号が停泊しているそばの公園。
すると雨があがって日が差してきた。
「あら、ラン丸。ひょっとして雨あげてくれた?」
とブツブツ話しかけながら、車を降りて記念写真。
ここは、娘とのよく来た想い出の場所。
娘がラン丸のご主人。オヤジは委嘱飼育係っていうところかな。

IMG_0173.jpg

さて、次は想い出の多すぎる場所、東運動公園へと車を走らせた。
ラン丸とポップを飼い始めたときにしつけや散歩などに来た。着いた頃は、雨がすっかりあがり夕日が公園を照らしていた。
ラン丸との最後の散歩。空も味方して明るくしてくれた。
9年間も通ったにこの場所に降りた。
東運動公園と隣接する東霊園は、ラン丸の大好きスポットの一つ。
ここではたくさんのワンともと会うことができた。ワンとものママさん、パパさんからラン丸はあたたかな言葉をかけてもらい、何よりも大好きなおやつをたくさんいただいた。もう、ラン丸のでかい目は、いつも以上にでかくなってワンともパパさん、ママさんをうるうる見つめてたっけ。
そんなことを想い出しながら、石段を登って、陸上競技場の芝を横切り、ワンともの集まる東霊園のロータリーまで歩く。
誰とも会わなかった。
いや、息を引き取ったばかりのラン丸をお見せするには心苦しいし、この事実を話す余裕もない。
夕日の中、2人で、ゆっくりゆっくり歩いた。
「ラン丸、またおやつもらいに来るか?」
そうそう、ここで会ったたくさんのワンともの中にはすでに旅立ったとももいる。ラブのマック。黒ラブのメル。プーリーのミルフィーユ……たくさん出会いと別れの場所でもある。
ポップとラン丸の元気な姿があちこちに目に浮かぶ場所だ。

16042901.jpg

三番目の場所は「ドッグパーク・アメリ(折場沢)」
ポップと遊び、ベックには「兄・ラン丸」としていろんなしつけの手本となり活躍した想い出の場所だ。我が家から5分くらいで着くこの場所はまるで庭だ。
かなり薄暗くなっていた。
ポップとのツーショット、ベックとのツーショットを何枚ともなく撮った台。トンネル。ジグザグ、ハードル。そして、冬の寒いときは避難場所になるビニルハウス。
看板犬「アメリ」のパパさんは、このビニルハウスに寒がるラン丸のためにあたたかなベッドまで用意してくれた。本当に、ラン丸をかわいがっていただいた。

IMG_0238.jpg


最後の目的地
「障害者支援施設 どんぐりビレッジ」
もう真っ暗だったが、どうしてもこの日のうちに来たかった。
どんぐりビレッジはスタッフのみなさん、利用者のみなさんが本当にラン丸を、ポップを、そしてまだまだ荒さが目立つベックをもやさしく、あたたかく迎えてくれた場所である。
ラン丸は心底、どんぐりが好きだった。
大好きなT君には、毎回顔中を舐め回した。T君も喜んで受け入れた。T君のお母さんもそのことを喜んでくれた。
また、ある時は車いすを引っ張って施設内を散歩したこともあった。
ラン丸、意外に力持ち。
昨年12月にはラン丸の9歳の誕生日を祝ってくれた。
あれからまだ4ヶ月。
どんぐりをあとにした。
家に着いたのは8時になろうとした。

IMG_0266.jpg

後日。どんぐりのみなさんからは、ふれあい会のアルバムをいただいた。大好きなおやつと一緒に。ポップも、ベックも楽しそうに映っていた。
感謝。感謝。感謝。

ラン丸と玄関に入った。
ベックが迎えに来た。
神妙にしている。
においをかぎ、チョロッとなめて……ラン丸が病院へ向かう前のラン丸とちがっていることに気づいたようだ。いつもなら、オヤジが帰ってくると興奮して喜び迎えるが、その姿はない。
日頃、ベックのことを空気を読めないワンコと思っていたが、ラン丸の死を受け止めている。

page16042802.jpg


ラン丸に特別なベッドをつくった。
花。ろうそく。線香。想い出の品々……

IMG_0305.jpg

しかし
この夜は前日と同じようにオヤジの布団で3人で横になり一緒にお通夜をした。

page16042805.jpg


スポンサーサイト

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ベックさんは

ベックはわかっていましたよ。
不器用なヤツです、ベックは。でも、本当は優しいヤツです。
ただ、やっぱりまだまだ不器用。
他の方々に迷惑かけないようにしないと。
ラン丸も、そこは心配して旅立ったかな。

いろんな人、いろんなワンコに迷惑かけるけど、ラン丸と俺にとっては、最高のパートナーだから。
いつまでも、ラン丸に守ってもらいたいな。

幸せ

息をひきとっても、思い出の場所に
連れていってもらえたことや
たくさんの方にメッセージを頂いて
とても幸せですね。
そんなに大事にされてたことも
みんなわかってますよ。
病院に向かう時は、大きな生き生きとした瞳で
見ていたのは、最期にたくさんお顔を見ていたかったんですね…。

Re: 幸せ


病院に向かう時の瞳……
なるほど……
なるほど……

み~やんさん
み~やんさんが書いてくれたこと
うれしくて
うれしくてたまりません

ラン丸には、きっと、皆さんが書いてくれたような深い愛情を、俺はかけていなかったように思うんですよ。
だから、旅立ったあとも申し訳ない気持ちの方が大きかったんです。
最期の写真も、そう。

でも、み~やんさんが書いてくれたこと、ラン丸の気持ちだと思っていきたいと思います。

あたたかな、あたたかなコメント、感謝しております。
ぜひ、またお越しください。
ありがとうございました。
ありがとうございました。
プロフィール

bassvader

Author:bassvader

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。