車いすのヒナちゃん

動きが速いワンちゃんが遠くに見えた
なんか、今まで見たことのない動きだな
どんなワンコだろ

気になって近づいてみると……そのワンちゃんは車いすをつけていた
車イスのヒナちゃん
3歳の可愛い女の子だった

IMG_1395.jpg

ヒナちゃんのママさんのお話では……

ある日、ヒナちゃんの姿がウチから見えなくなる
「あら!」と思って家の外に出てみたら路上にヒナちゃんが倒れていた

車と接触したらしく、ぐったりとしていたヒナちゃん

すぐにヒナちゃんを病院に連れていき処置が行われた
事故に遭遇したヒナちゃん
ご家族のことを思うとどれだけ大きな衝撃だっただろう

IMG_1408.jpg

ドクターとご家族の手厚い治療と看護でヒナちゃんは一命をとりとめる
やがて元気な姿を見せるまでになった
しかし、残念なことに後ろ半身不随、右眼白内障と後遺症が残る

後脚で立つことも、歩くこともできなくなったヒナちゃん
そんなヒナちゃんのために作られたのが車いす

IMG_1387.jpg

「ウチのお兄ちゃんがヒナちゃんのためにこの車イスを作ったんですよ」
そう話すヒナちゃんのママさんの嬉しそうな顔が心に残る
「今はインターネットで、犬用の車イスの作り方が紹介されてるんです。」
と教えてくれた……


インターネット
素晴らしいものを手に入れることもできるものだと、つくづく感動

IMG_1391.jpg

話は変わって
ウチの先代のワンコ、2年前に亡くなったダルメシアンの「ポップ」の昔話になる

ポップが2歳半になろうかという頃に、半年ほどの寝たきり生活を送ったことがあった

「変形性脊椎症」

背骨の神経が圧迫されて、歩くことはもちろん、立つこともできなかった
トイレも思うようにできず膀胱炎
寝たきりによる褥瘡
痛みからくる震え、痙攣……

壮絶な闘病生活だった

その時に、ドクターに車イスを準備したいとのことを相談したことがあった
「ポップは神経があるからダメだね〜」
ドクターの答えは早かった
「神経が全くなくて、痛みを感じないのであればできるんだけど」

IMG_1383.jpg

ポップは2度と歩くことができないのか……という絶望
それでも、半年の闘病生活を乗り越え、ポップは病からの奇跡的な生還を果たした

奇跡

IMG_1398.jpg


ヒナちゃん
ポップ
あきらめないで病気と向き合うことで、新しい可能性がやってきたのかな

ヒナちゃんは、日中、ママさんの会社でみんなに可愛がってもらっているそうだ

車いすで楽しくがんばって!ヒナちゃん!!!

IMG_1401.jpg


スポンサーサイト

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ヒナちゃん

ヒナちゃん嬉しいでしょうね!

私はニャンコで下半身を引きずって歩いているニャンコを見たことがあります。

下半身を引きずるから毛が抜けてすりむいたり…。
拾ってあげたかったけど当時は小学生で、親から反対を受けてせめて、とご飯をいっぱいあげました。

ワンちゃん用の車椅子を考えた方はすごいですよね!


私がもりさんのブログを見付けた時には既にポップさんは天国でしたので知らなかったですが、ポップさん、そんなに悪かったのですね…。

天国では誰もが「頑張ったね」と称えられて幸せな日々を過ごせる場所であると思っています。


本格的に暑くなってきましたので、もりさんも暑さにお気をつけくださいませ!!
ベックさんもお気をつけください。

Re: ヒナちゃん

天国では誰もが「頑張ったね」と称えられて幸せな日々を過ごせる場所であると思っています。

なんて素敵な表現だろう。
ゆきさん、ありがとう!

ただ、天国に行く前に、この世の中で生き続けることができる命もあるということ、大切に考えたいですよね。
かといって、ゆきさんが言うように、なかなかワンコや猫ちゃん、生き物に対して力になれない歯がゆさもある。

この世の中で、いろんな生き物が共存するって難しいよね。
あきらめちゃいけない。
けど、むずかしい。
自分自身になにができるのか。ずっと考えていくんだろうな~~~

プロフィール

bassvader

Author:bassvader

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR