あけまして2017年

あけましておめでとうございます!
2017年がスタートしましたね
今年もよろしくお願いします



昨年は悲しいことがあったものの
たくさんのワンともに会い
兄弟犬カイトに会い
BECKにとっては成長の年だった

今年も、いろんなワンともに会いたい
仙台
東京
千葉
まだあったことのないワンともに会いたいものだ


ところで,BECKの様子がおかしい
「キャイ~ン!」
と鳴く…いや、泣く……

どこか痛いような泣き方
場所は特定できない
ポップが大病した時のような泣き方なのが気になる
明日、病院へ行こうと思う

 

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

2016年 ラン丸とベックと、やっぱりポップも膝栗毛

2016年
とにかく悲しく、悲しく、悲しかった年になった。
ラン丸の死。別れ。

IMG_0489.jpg

一年にも及ぶラン丸の闘病は壮絶だった。
散歩に出る気力も体力もなくなり
一日に何度も何度も繰り返される下痢と嘔吐する。

IMG_9339.jpg

何よりも大好きな、大好きな、本当に大好きな食べ物を食べることができなくなり
太った愛らしい姿はやせ細り、病気は体力をどんどん奪いさった。
「これ以上、痩せたら大変だ」と
いやがっているラン丸をむりやり押さえつけ流動食を流し込んだ。
立つのもようやく、おしっこの時にコロンと転んでしまうほど力ないラン丸。
それでも、最後の最後まで頑張り通したラン丸

IMG_0073.jpg

ラン丸の命日、4月8日。
お釈迦様の誕生日。
「オヤジの仕事中に死ぬなよ!ラン丸!」
そんな身勝手なオヤジの言うことをちゃんと聞いてくれて、仕事から帰るオヤジを待っていた。急いで駆けつけた病院の待合室で待つオヤジの腕の中でラン丸は息絶えた。

IMG_0141_201612311920490d6.jpg

もっとやってやれたことはあったんじゃないか……。
そんな想いは未だにぬぐいきれない。

IMG_0074_201612311920488a7.jpg

そんなラン丸は大きな役割を果たして旅立った。
ベックの兄「ラン丸」として、ベックにいろんなことを教えてくれた。

言葉の知らないベックに「言葉とその意味」を教え
ベックがオヤジに叱られると励まし
ベックがマウンティングをすると叱り
アジリティの手本となり

IMG_9069.jpg
IMG_9055.jpg

どんぐりふれあい会の手本となり

IMG_6129.jpg

兄としての大役を果たし旅立った。

IMG_0396.jpg

また、ラン丸にいろんなことをたたき込まれたベックは兄ラン丸の闘病生活を励まし、支えてくれた。
点滴を終えたラン丸の全身をいたわるようにくまなく舐めるベックの姿は忘れられない。
素晴らしい兄弟愛だったな。

IMG_0624.jpg

ラン丸はたくさんのワンともからも愛された。

IMG_7241_20161231192110cc3.jpg

ラン丸が天国へのぼるその日、
たくさんのワンともが見送りに来てくれた。
そんなラン丸はオヤジとベックの誇りだった。もちろん、ポップにとってもそうだったはず。

IMG_0539.jpg

そのラン丸の遺志はベックに脈々と受け継がれた……。

IMG_6288.jpg

ラン丸亡き後、ベックとオヤジの生活が始まった。
ベックは甘えん坊になった。
仕事から帰るオヤジにやたらめったら抱きつき、離れない。
「やめろよ!ベック~~!」と言いながら……うれしい。し、ひとりぼっちにして申し訳ない。

IMG_6298.jpg

さて、そのベックの2016年。大きな変化はラン丸との別れあと、ベック自身にあった。

一つめは、攻撃性が和らいだこと。
今までもこのブログで何度か書いたが、ベックの攻撃性はことのほか強かった。
ベックが去勢手術をしてから、その攻撃性は未去勢の雄に向けられた。バーニーズ、ラブ、パグ……。ワンコ達への攻撃は続いた。

IMG_6696.jpg

それが、どうにか落ち着いてきた。
水戸の勉強会
「相手のことがわからないから不安になる。匂いを嗅いで、相手のことがわかると意外にそれがなくなる。」
とのアドバイスだった。
それまで、避けていた未去勢の雄のワンコと、今度はたくさん会った。
そして、たくさん仲良くなった。
ドッグランてくてくのママさんの協力も大きかった。
不特定多数のワンコが出入りするランの中でベックをなるたけ自由にしてくれた。
ベックを預かっていた当初なくてはならなかった口輪。
これを使わなくなるまで親身になってベックのお世話をしてくれたのがてくてくママさんだった。
ある日の預かり
「口輪はいりません。卒業です」
この言葉は今でも忘れられない。
荒くれベックはどんどん変わっていった。

IMG_7284.jpg

二つめ。ベックは兄弟と会うことができた。
ベックは三人兄弟だ。
千葉にいる「レン」そして、広島の「カイト」
まずはレンを見てほしい。

13263791_625291280959226_7091796820312913009_n.jpg
13103335_615028571985497_2830557417010066658_n.jpg
15420769_734460463375640_3584177357305979084_n.jpg

レンは、ベックとうり二つである。
3枚目の写真の白いセターはレンの先代のトビー
ちょうど、ポップとベックの世代交代した時と小間時用な状況もよく似ている。

広島にいる「カイト」
実は、レンもカイトも、ベックと同じ地域で、ほぼ同じ時期に保護されている。そして、似た姿からレンとカイトの飼い主さんとで兄弟の契りを結んだのだ。
その、広島のカイトがわざわざ八戸までやってきたのだ。
「カイトに故郷をもう一度見せたい。」
「私もこの目でカイトの故郷を見てみたい。」
「カイトを故郷で思い切り走らせたい。」
そんな飼い主あっちゃんの熱い想いから、広島から自動車でやって来たのだ。
「カイトは難しい犬で……」とのあっちゃんの話だった。しかし、結果、カイトとベックはごく自然に、仲良く、微笑ましい時間を過ごすことができた。
「男の人が苦手だからひょっとして……」との話だったが、オヤジにもとてもなついてくれた。
この様子についてはFBにて先行お知らせしたが、この膝栗毛でも改めてお知らせしたいと思っている。
残念ながら都合が合わず千葉のレンは来られなかったが、2017年は千葉で「レン」「カイト」「ベック」の3兄弟で会いたいと話している。
もちろん、カイトもベック、レンとそっくりである。

IMG_5748.jpg
IMG_5820.jpg
IMG_6020_20161231192439e24.jpg

血がつながっている、とは言えない。
いや、血がつながっているかどうかは問題じゃない。
同じ状況で、同じ境遇を乗り越えて生きている仲間がいることがどれだけ素晴らしいことか。
カイトとの出会いはあまりにも感動であった。
レンも入れて、三兄弟が顔を合わせるのは近いような気がしてならない。

三つ目は、ベックにとって今年最大のできごと!
ベックがカレンダーの表紙に選ばれたことだ。
セター、ポインター、ブリタニーなどの猟犬を救済する団体「CACI」のカレンダーの表紙コンテストだ。
うれしい!うれしい!超うれしい!
なんか、ベックとのたいへんだった毎日が報われた瞬間だった。
ベックはわかっているのかな。いや、オヤジの気持ちを通してわかっていることだろう。
アデル

リアン

14595818_1038813546215979_6472322333849290973_n.jpg

モネ

183862_156426131078436_1677741_n.jpg

これを機会に、遠くにいるセターの友達も増えていった。
そして、ベックが新しい分野に挑戦する機会が生まれようとしている。
できっかな~ベック!

IMG_3356_201612311920574d4.jpg
IMG_6232_20161231192440b50.jpg

いろいろなことがあった2016年
ベックはというと
「ベック変わったな~」
「ベック優しくなったね」
「犬ってこんなに変わるんだね」
ベックの変化が多くのワンともに伝わっていった。

IMG_6511_201612311924426e5.jpg
IMG_6454_20161231192441f5a.jpg

天国で、ポップとラン丸はどんな顔して見てるだろう。

IMG_6615.jpg

それも、これも、ベックと関わってくれた多くの方々のおかげである。

DVC00048.jpg

感謝、感謝の2016年

DVC00057_201612312101433df.jpg

全てのワンコが健康で、幸せでありますように

DVC00060.jpg

良いお年を

DVC00072.jpg

DVC00003_201612312101417dc.jpg


2017年もよろしくです




テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

2016年 オヤジと音楽膝栗毛

今年も音楽ができた。
幸せなことだ。

好きな音楽を演って
たくさんの方々に聴きに来ていただいて
大きな拍手やら
声援やら
ひやかしやら
そして、涙やら
どれもあったかかったな~。

オヤジの音楽活動のメインは
「サタンオールスターズ」とその前座「サタンフュージョンユニット」である。
今年もあちこちで演ったもんだ。
1月30日(土) 八戸市「フラット」でのワンマンを皮切りに

IMG_9033.jpg
IMG_9034.jpg
IMG_9014.jpg
IMG_9005.jpg

3月19日(土) 仙台市「ペニーレーン」ワンマン

IMG_4025.jpg
IMG_4028_2016123118395419a.jpg
IMG_4024_201612311839161c4.jpg

5月14日(土) 八戸市「フラット」ワンマン
7月 9日(土) 八戸市「はっち」七夕ライブ

IMG_2377_201612311838183e7.jpg
IMG_2376_20161231183816604.jpg
IMG_2385.jpg

7月17日(日) 八戸市七夕ライブ 雨の中は燃えるぞ!

IMG_2500.jpg

7月23日(土) 八戸市小中野新丁夜店 この日も雨

IMG_2552.jpg
IMG_2555_201612311839106f2.jpg
IMG_2816.jpg

7月31日(日) 三沢市大町七夕まつり 4時間近くにも及ぶ熱演ライブ 激疲!

IMG_2812_2016123118391127a.jpg
IMG_2814.jpg

9月10日(土) 仙台市「ペニーレーン」ワンマン
9月11日(日) 仙台市定禅寺ジャズフェスティバル

IMG_4126.jpg
IMG_4065.jpg
IMG_4052_20161231183955552.jpg

9月18日(日) 三沢市中央公園まつり 西やんルークで登場!
10月19日(土) 三沢市「キャブス」ワンマン

IMG_6369.jpg
IMG_6362.jpg
IMG_6349.jpg
IMG_6360.jpg

ざっと並べてみたら、今年はちょいと少なかった。年間15本を超えるのがあたりまえだったからね~。体力、気力勝負。老体にはしんどい時もたくさんあるし、バンドとしてはいろいろないわけじゃないけど、今年も楽しくできたのは聴きに来ていただいたみなさんとムッチーさん他メンバーののおかげだな~感謝。

寂しいことと言えば。
北仙台のライブハウス「ペニーレーン」が11月をもって店を閉じたことだ。ペニーレーンは毎回3ステージで演らせてくれるんだけど、仙台市はもちろん秋田や山形、福島、そして神奈川などなど、各地から聴きに来てくれるお店だった。盛り上がりもたいへんだった。9月の2デイズはジャズフェスのために体力温存で臨んだ「ペニーレーン」。そんな手抜きな考え方は通用しないくらい盛り上がる!結果、超ヘトヘト。翌日のジャズフェスもがんばったな~おれ。

そうそう。
ワンマンで演るお店は「フラット」「キャブス」もだけど、どこのライブも本当に楽しく演奏ができたな~。そうそう、どのお店にも共通して言えるのが、お店の皆さんが楽しんでくれる。盛り上げてくれる。最高!

この一年のサタンに感謝。


さてさて
もう一つ、オヤジの音楽のライフワークになりつつあるのが「どんぐりライブ」だ。
障害者支援施設「どんぐりビレッジ」は、オヤジもベックもたいそうお世話になっている!
ここでのオヤジのライブも、初めて行ってから10年にもなろうとしている。
最初はピンで行ったものだ。
そのうち途中から職場の音楽好き連れてった。
そして今は……。
本格的なボーカリストばっかり!
いや~オヤジが歌う出番がもうほとんど な い ……。

いや、愚痴ってる場合じゃない!
「どんぐりライブ」の大切なところは、どんぐりの子ども達が、スタッフのみなさんが楽しんでくれることが第一なのであ~る!

ということで、最近のどんぐりライブは笑顔あり、涙あり、とても素敵な時間を送っている。
特に、歌が届くことで、利用者さんの表情が生き生きと変わっていく。素晴らしい時間だ。

そんな素敵な音楽を表現する素敵な仲間が、今は2ユニットある。
最初のユニットは「チームどんぐり」。
メンバーは、男性ボーカルのFumiyaと八戸の歌姫Miyuki。
この二人の歌声は鳥肌もんである。
施設長さんが「大橋さ~ん!」と言ってやまないFumiyaの素敵な歌声。
Miyukiの歌が心に染み、涙する。
心に届く歌である。

IMG_8568.jpg
IMG_8567.jpg
IMG_8549.jpg
IMG_8510.jpg

そして、もう一つのユニットは「昭和本舗」
メンバーは男性ボーカルの竹、そして女性ボーカルのMayuyu。
ユニット名は、これを書きながらたった今決めた。
というのも、このユニット、昭和の歌を中心に歌っている。
いや、待てよ……チームどんぐりも昭和の歌が多いかな~。
と、ま~固いことは言わないで。
こちらのボーカリストも八戸の顔的ボーカリストだ。
女性スタッフを虜にする竹の歌
笑顔を咲かせるMayuyuの魅惑の歌声
「虜にする」とか「魅惑の歌声」というあたりが昭和だね~~~。

IMG_7255.jpg
IMG_6106.jpg
IMG_6008.jpg
IMG_6019.jpg

そんな贅沢な歌声がどんぐりビレッジに響く!

だれが気持ちいいって、このオヤジが気持ちよく演ってる。

サタン
どんぐり
2016年もどうにか無事、いや楽しく音楽ができたのも皆様のおかげだ。

本当に、本当に、ありがとうございました。


追伸
2017年は2月11日(土)八戸市「フラット」にてサタンオールスターズの初ミサがスタートになる。それまでたっぷり地獄で休んでおくか。

IMG_6370.jpg


テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

ポップとベックの誕生日 12月

まずい
タイトルにポップと書いただけなのに目から鼻水が流れそうになっちゃった。
いかん!いかん!

IMG_3602.jpg

12月2日はPOPの誕生日だ。生きていたら10歳だ。
ラン丸より半年弟だったポップ。
しかし、体が大きく、体力もあるポップにラン丸は一目置くようになり、ポップがラン丸の兄的な存在になった。
体が小さいラン丸はよくいじめられそうになった。いや、いじめられたこともあった。咬みつかれて娘が着せていた服に牙がくい込み、穴があいた時もあった。

iponpix 185

そんな時に助けてくれたのは、もちろん、ポップだった。
ポップが偉いのは、ラン丸だけではなく、ケンカしそうになったり、ケンカしたりしているワンコがいると必ずその間を割って「止めに入る」。

そんないいヤツだった。

DVC00219_201612112241484da.jpg

みんなと仲良く遊ぶのが大好きで、ヘソ天になって、小さな子や大きな子を誘う。ヘソ天ポップの周りにはよくいろんなワンコがたくさん集まった。
そして、めいっぱい遊んだ。

iponpix 371

たまに、ポップにかかってくるワンとももいた。そんな時は、いそいそと逃げていった。恥も外聞もない。平和を大切にする素敵なヤツだった。
ポップのオヤジだということを誇りに思いながら、ポップを大いに尊敬していた。

iponpix 047

まだある。
ポップは社会性があまり育っていないワンコ、つまりワンコ同士で遊ぶことが苦手なワンコと遊ぶことを得意としていた。遊んであげるんじゃない。一緒に楽しむ。一緒に遊ぶのだ。同じ目線になって、相手の気持ちになって……言いすぎかな。
いや、それでも「ポップのおかげでうちの子はワンコと遊べるようになった」と言ってくれたワンともパパさん、ママさんがたくさんいた。

そんなポップはオヤジの本当に、本当に誇りだった。
親バカ、ごめんなさい。

iponpix 800

2014年3月28日
そんな目に入れても全く痛くないポップが亡くなったのは2年前。オヤジの不注意で亡くしてしまった。

iponpix 1077

急な別れに心の整理もやり場もなかった。
ポップのことを聴かれたくないし、話す勇気もなかった。だから、ワンともと会うであろう場所には行くことができなかった。
「ラン丸、ごめんね。」と言って、誰にも会わない道を選んではラン丸と二人ぼっちで歩いた。

何ヶ月引きこもったことだろう。

iponpix 1131

「もう、ラン丸だけ愛してあげよう」
ポップのかわりになるワンコなんかいるわけがない、とさえ思っていた。親バカ、すみません……
ワンコ関係のインターネットによる情報も、全てシャットアウトした。
ラン丸は、とてもうれしそうに一緒に過ごしてくれた。
オヤジ思いのヤツら。

iponpix 1573

iponpix 1563

IMG_6174.jpg

iponpix 1685

ラン丸とのふたりぼっちの生活にも慣れて、その年も暮れようとしていた12月。フェイスブックである記事を目にした。

ベックの助けを求める記事だった。
殺処分までの期日があと数日。簡単なプロフィールはあったが、詳細はわからない。
わかると言えば、3枚の写真だけ。

IMG_1139_20161211225410849.jpg

この記事は、殺処分のワンコを助けようと尽力していたFさんの記事で、その記事をソルティーパパがシェアしていたのだ。それが、たまたまオヤジの目に止まったのだ。ワンコの情報をシャットアウトしていたから、ソルティーパパさんがシェアしていないとベック卯のことを目にすることはなかった。しかし、これが運命だったように思う。

IMG_1152_20161211225411384.jpg

すぐに、ソルパパに連絡した。その後、Fさんに連絡をした。ベックの情報は、FBに載っている内容以外に情報はなかった。面会することもできない。面会できないということは、ラン丸との相性を確かめることもできなかった。
それでも、Fさんは夜遅くの電話にもかかわらず真剣に対応していただいた。

「次の日の昼まで時間をください。」ということで、考える時間をいただき電話を切った。

IMG_1137_20161211225408967.jpg

情報は少なかったし、ラン丸との相性は気になっていた。「殺処分」をなんとかしたいという気持ちもあったが、一晩考えても、断る理由はなかった。

ただ、3枚の写真が何かを訴えてきた。

ポップが亡くなった年の12月。
ポップの誕生日の頃に、ベックの記事に出会い。
12月10日には青森市へ迎えに車を走らせた。

IMG_1179_20161211225413f8a.jpg

ベックはポップがうちに連れてきてくれたと思っている。

ベックはというと……
猟犬として生きてきて……
放浪犬としての生活が始まり……捨てられたのか、迷ってしまったのか
保護犬として冷たい部屋の中でも過ごし……
殺処分としてのラベルを勝手に貼られ……
冷たい部屋の中で死と向かい合う日々を送ってきた……

IMG_5455.jpg

東京に住むワンとも。リオ&ホリージェイママがこんなメールをくれた。

ポップパパさん
ベックはポップが連れてきたんですよ。
「私の幸せな家をあげます。私のフード・ボール、暖かなベッドに柔らかなクッション、そしてオモチャを全部あげます。私が愛してやまなかったあなたの膝と優しいタッチを。私を撫でてくれたあの手、私の名前を呼んでくれたあなたの甘い声を全部、ベックにあげます。」
と話して。
犬の遺言状という詩だった。

冷たい部屋にいたベックに、きっとポップはそう言ったにちがいない……そう思った。

iponpix 294

iponpix 133
リオ

そんなリオ&ホリージェイママも同じ経験をしている。
リオは重い病気で亡くなった。供血で皆さんには大変世話になった。
その頃のリオママは
「もう新しいパートナーを迎えることはないと思う」
と話していた。オヤジと同じように
しばらくして、ホリージェイという、とてもとても素敵なパートナーを迎えた。

ホリージェイ
彼女はベック同様保護犬である。
遠い南の異国の地でベックと同様の境地を乗り越えてきたワンコだ。
それも、縁あって異国の地から日本へやってきた。

きっとリオがホリーに言ったんだろうな、犬の遺言状。

image1_2016121122552702d.jpg
ホリージェイ

ベックは我が家に来た。
ベックはオヤジのところに来た頃の年齢は、というと
愛護センター発表「約4歳」
オヤジが長くお世話になってるドクターG「いやいや、もっと若いよ。2歳か、3歳だな」
ということで、間をとって3歳ということにしている。

こうして、様々な犬生を歩んできたベックは、我が家に来た2014年12月10を3歳の誕生日とした。
そして、2016年12月10日、今日が5歳の誕生日である。

IMG_5027.jpg

他のワンコに吠えたり、咬みついたり、言葉が全く通じない宇宙人のような、リードの操作全く不能のどうやっていけばよいか悩ませたベック。
そんなベックは、今ではオヤジにとっていなくてはならない最高の家族になった。

IMG_5529.jpg

ポップ 10歳の誕生日 おめでとう
ベック  5歳の誕生日 おめでとう

iponpix 961



ワンともさん、ツイッター、フェイスブック、ブログでお世話になっている皆様、ベックをいつも支えて頂きありがとう。
そして、今後ともよろしくお願いします。


追伸

ごめん。
ラン丸の出番が少なかった……
ラン丸は、ポップとベックの橋渡しという大切なつとめをしてくれた……
いつも、ポップの後ろを歩いてたし
やはり、ベックの後ろを歩いたいた
そんな派手なことはしがいが、大きな役割を果たしてくれたラン丸に感謝しながら
ベックの5歳を、楽しく、明るく送りたい

iponpix 220


ポップとラン丸、そしてベックと膝栗毛

2016年もあとわずか
ワンコのみなさんがご健康でありますよう

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

サタンオールスターズ 2016年ありがとう!

なんとも手前味噌だけど、たまにはオヤジのベースソロをご覧ください



これは、今年の9月11日日曜日に行われた定禅寺ジャズフェスティバルでの一コマである
ブログに書こうと思いながらもう2ヶ月がたつ……
このブログを書く度に「もっとアップしないと!」と書いているがいっこうにペースは上がらない
なにせ、最近は仕事の処理能力も遅く、仕事の帰りなんかも遅いもんだから、いつもベックに謝ってる
いやいや、それでも、どんなに遅くても毎日朝晩散歩には行ってるんだよ、おれ

IMG_4017.jpg

さてさて、余計な言い訳はやめてブログを書こう!

IMG_4024.jpg

というわけで
9月10日 土曜日はペニーレーン
9月11日 日曜日は定禅寺ジャズフェスティバル
と仙台2デイズに無事参加してきた

IMG_4027.jpg

その時の様子をちらりとお伝えしよう
9月10日のペニーレーンは……
なんと!超大入り満員!
東北各県から、神奈川から、もちろん仙台の方々まで!!!
イスが足りなくなるほどで、本当に申し訳ないというか、ありがたいというか、もう張り切らざるをえないライブとなった

というわけで、ペニーレーンは3ステージで行わせてもらっているお店
1ステージ サタンフュージョンユニット



2ステージ サタンオールスターズ 前編



3ステージ サタンオールスターズ 後編



各ステージ1時間……
いやいや、もう3時間くらい演奏しっぱなしでして!もう大変!

IMG_4028.jpg

実は、内緒の話だけどね。次の日のジャズフェスが全国からたくさんの方々が聴きにくるので、正直、ペニーレーンはあんまり張り切らないで行こうと思っていたのである!
が!しか~し!
大入り満員のお客さんを前にして張り切らない訳にはいかない!
それに、とってもとってもおいしいお昼ご飯をいただいたもんだから、もう「全力少年」であ~る!いや「全力おじん」であ~る!
いや~!盛り上がったな~!
そうそう!なんとこの日は、なんとワンとも「ソルティーパパさん」も来てくれた!娘さんが仙台にいて、そこに来ていたという
感謝、感謝である!

しかし、残念はお知らせがある
このお世話になった「ペニーレーン」大好きだった「ペニーレーン」が11月で店を閉じる
昨年は2ヶ月に1回くらいの割合で行っていただけに、ホーム的な感覚で演らせていただいた
それだけに、残念極まりない
マスター、ママさん、おみせのみなさん!今まで、本当にありがとうございました

IMG_4023.jpg


そして二日目
9月11日 日曜日 定禅寺ジャズフェス
今年は、青葉区役所前の会場であった!
そこで、まずはお詫びをしなけらばならない!
実は、悪魔の世界に手を染めて今年で4年目を迎えたオヤジであるが、当然このジャズフェスも4回目を迎えることとなった
そして、過去3回出場したうち勾当台公園野外音楽堂(これがメインステージだにゃろめ!)が2回、そして榴岡公園野外音楽堂が1回と大きな会場で行ってきた
それも、うれしいことにどの会場もびっくりするくらいたくさんの方々が来てくれた
雨の時でさえ、傘を差してたくさんたくさん聴きに来てくれた
「サタンに入って良かったな~~~!」
と感激したものである

IMG_4044.jpg

あ~~相変わらず前置きが長い!
実は、かつて出演した会場に比べ、かなり狭い会場である
狭いながらも楽しい我が家…的な演奏ができればな~と思っていたが、メンバーの心配が的中!
「聴きに行ったんだけど、見ることができませんでした……」
というお客さんが続出だった

本当に申し訳ありませんでした

IMG_4052.jpg

それにしても、ジャズフェス主催の方々も大変だと思うけれども、なんとか動員力、集客力にあった会場のご検討をしていただければうれしいものだ
生意気なことを言ってごめんなさい
それにしても、年に1回のこのイベントのために北海道から大阪、広島から楽しみにしているお客様がいるので、なんとかみんなに見て聴いてもらいたいと思っている

IMG_4059.jpg

そうそう、この日は、パグとものウメシャンズ!のぶりんさん!はやさん!ふきさん!そして、イッシー!他、たくさんの方々に来ていただいた
見られなかったけど、音は聴こえたとの方も多く、本当に申し訳ないやら、来ていただいてありがたいやら。

そうそう、ホテルのエレベーターからご一緒させていただいた山形の猟師の石黒さんご夫妻!一緒に楽しんで頂いてありがとうございました!ラブはお元気ですか?
みなさん、来年もお会いしましょうね!

お詫びにもならないけど、当日見えなかった方々、当日来られなかった方々、ユーチューブの動画をご覧ください



さて、2016年サタンオールスターズ最後のミサが行われる
11月19日 土曜日 8時 三沢市ライブハウス「キャブス」
この日は
サタンフュージョンユニット
サタンオールスターズ前編 後編
と、3ステージでたっぷり演奏する!
当日のお楽しみだけど、フュージョンユニットは懐かしのプログレッシブロックやジェフベックの超難曲も演奏する
サタンオールスターズ本編もよりパワーアップして登場する
ぜひお越しくださいね

IMG_4070.jpg

「八戸でのミサはない?」
とのうれしい声もかけられるが、そちらの方は残念ながらしばらく予定がない
演りたいけどね~~~

八戸や、仙台……
また演奏するその時まで、しばらく地獄で休むことにするか

と言うわけで、今年も皆様のおかげで無事音楽活動ができました
聴きに来て頂いた皆様!
各会場のスタッフ・関係者の皆様!
そして、メンバーのみんな!
今年もありがとうございました!




テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

bassvader

Author:bassvader

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR